FXってなにするの?
キャリートレード

FXってなにするの?

FXとはどんなもので一体何をするのでしょうか?
初心者にはこのような疑問が最初に出てきます。

FXといえば、日本語では外国為替証拠金取引という名称で表されています。
簡単にいうとお金を預けてそのお金の範囲内で各国の通貨を売買するものです。

FXではどうすれば儲けることができるのでしょうか?
基本的な収益は、為替差益とスワップポイントになります。

為替差益は文字通り通貨を売買したときに、為替レートの差で利益を出すことができる方法です。
これは為替差損にもなることがあり、損失を計上することもありますので注意が必要です。
FXを始める前に外国為替について勉強することも、ある程度必要になってきます。

投資というものは利益が出ることもありますが、損失が出ることもあるのだということは頭に入れておいてください。


次にあまり耳慣れない言葉ですが、スワップポイントというものもあります。
スワップポイントは独特のFXで使う用語ですが、それぞれの通貨には金利の差があります。

金利の差がある通貨を交換したときに、その金利差が利益となることがあります。
ただ、こちらも金利差が逆転してしまうと損失を出してしまうことがあります。

FXはこうした利益を出す機会を狙って、売買を繰り返していく方法です。

さらに特徴的な方法を使って取引をすることもできます。
それはレバレッジです。
レバレッジの仕組みは他の投資でも利用していることがありますが、FXではレバレッジを使うことが前提になっています。

レバレッジとは、少ないお金でより大きな金額の取引ができる方法です。
レバレッジを増やすと取引金額が多くなり、得られる利益も多くなるということです。
日本のFXではレバレッジは最大25倍までと規制されています。

これも安全なFX取引をするためです。


このように、FXはとても利益を出しやすい投資方法になっていますが、
誰でもできるとはいっても毎日のこの取引の中で利益を出し続けることは
なかなか大変なことなのです。
でも誰でも儲けられるようになっています。

このページの先頭へ